秋田蔵元ガイド


新政酒造株式会社[新政]

新政酒造の歴史

嘉永5年(1852)、初代佐藤卯兵衛(さとううへえ)に
より、秋田市中心地を流れる旭川のほとりで創業した蔵元が「新政酒造」。当初は「やまウの酒」と親しまれていましたが、明治政府による施策の大綱「新政厚徳(しんせいこうとく)」の発表を機に、酒名を「新政(しんせい)」と命名。その後、秋田市長、井上廣居氏の進言により「あらまさ」と改めました。中興の祖である五代目佐藤卯兵衛の時代、全国新酒鑑評会において連続の首席を獲得。超高度精白の実践、長期低温発酵法の確立、そして現在最古の清酒酵母となった「きょうかい6号酵母」を誕生させるなど、秋田の酒造りのみならず日本酒製造技術の近代化、とりわけ吟醸酒製法の確立においても寄与してきました。

新政酒造の特徴と酒造り

「秋田県産米を生酛純米造りにより六号酵母によって醸す」という方針のもと秋田県で栽培された酒米を用い、酒母には天然の乳酸菌を活用する伝統的にして高度な技術を要する「生酛」のみを採用、酵母は当蔵で昭和5年(1930年)に採取された「きょうかい6号」(六号酵母)で醸造しております。また、杉板を組み合わせ竹の箍(たが)で締めた「木桶」での醸造にも積極的に取り組んでおります。自然素材である木桶は洗っても表面の小さな孔や部材のすき間に微生物が残り続けるので「生酛」をはじめとした自然の生命活動を最大限に活かす醸造は木桶を使ってはじめて完結する技術ともいえます。さらには秋田市東方の山間部、日本の原風景のような土地が広がる「鵜養」(うやしない)で自然の生態系、農業、醸造の有機的なつながりを求めて農薬や科学肥料に頼らない酒米の栽培もはじまっています。新政酒造は地域性を尊びながら、本来の日本酒の姿を求めて様々なチャレンジを続けています。

杜氏 [ 植松 誠人 - Makoto Uematsu - ]

新政では、すべての酒に最古の酵母を用い、純米造り・生酛造りのみを行い、また業界最多の33本もの木桶で仕込みを行っています。これにより、酒税法上では使用しても特に表示する義務がないような添加物(酸類、ミネラル類など)も一切使用致しません。
若干31歳の若手杜氏・植松 誠人のもと、全国から集った熱心な造り手により醸し出される酒は、まさに飲む「伝統工芸」といっても過言ではありません。

お問い合わせ先

名称 新政酒造株式会社
代表 佐藤祐輔
所在地 〒010-0921 秋田市大町6丁目2の35

大きな地図で見る
電話 018-823-6407
FAX 018-864-4407
ホームページ http://www.aramasa.jp/